« 愛と誠 | トップページ | アークティック ミッション/白熊はみていた »

2005.01.27

ロンドンハーツ

部屋で酒を飲みながら、録画しておいた火曜(25日)の「踊る!さんま御殿!!」「ロンドンハーツ」を続けて見る。

さんまさんのほうは、もうファンになってからの付き合い(?)が長い〜15年くらい〜のでそれほどでもないけど、ロンドンハーツは馬鹿だよなあ。

素人をメインにした回は、ちょっとここまでやるのはどうなんだろうと、たとえそれがヤラセであろうがなかろうが、どっちにしても嫌な感じもあるのだけど、タレント(女)がお互いに格付けをしあう回は、赤裸々ふう(それが演出であっても)タレントのある種の極北を示しているというか、とにかくむちゃくちゃ面白い。

ただ、毎回きちんと見ているわけではないので、番組内でのキャラクター付けで、ちょっと分からないこともある。もとC.C.ガールズの青田典子を、ナレーションで“ラ・マン”と呼んでいるのはなぜなんだろう。ラ・マン=愛人という意味なのだろうけど。そんなに愛人っぽい雰囲気かなあ。

|

« 愛と誠 | トップページ | アークティック ミッション/白熊はみていた »

「芸能」カテゴリの記事

「TV番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/2708924

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンハーツ:

« 愛と誠 | トップページ | アークティック ミッション/白熊はみていた »