« クレヨンしんちゃん 2005 | トップページ | 波影 »

2005.04.17

ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうなわたしの12か月

『ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうなわたしの12か月』
“Bridget Jones: The Edge of Reason” by Beeban Kidron
2004年*UK/USA*スコープ・サイズ。
某シネマ・コンプレックス。THX劇場。

続篇は観るつもりではなかったのだけど、せっかくTHX劇場でやっているので(どんな理由だ)行ってしまった。

観るまでは、少々うんざり気味だったのだが、実際に観てみると、やっぱりそんなに憎めない。ゼルウィガーの女優としての魅力に負うところも多いが、話も、好き勝手な(あるいは、どうでもいい)ようでいて、締めるところはきちんと締める。たぶん、巧い脚本なんだろうなあ。原作を読む気にはちょっとなれないので、どこが脚色で、どこが原作にあるのか、分かりませんが。全部、原作にあるエピソードなのかも(^^;)。

ヒュー・グラント、ちょっと見た限りでは、あんなツルツルの体なんだ? まあ、顔も、首から下も、どっちもまったく要りませんが(笑)。それにしても、こういう役には本当にピッタリで笑える。コリン・ファースも、ちょっと良いと思ったときもあったけれど、かなりオッサンくさくなってきているのが難。『アナザー・カントリー』(1983年)と『恋に落ちたシェイクスピア』(1998年)のあいだに出た作品を何も観ていないので、そこらあたりを観てみたいなあ。いったい、いつの時点で顔が変わったのだろうか。昔よりは、今のほうが断然◎ではあるのだが。

|

« クレヨンしんちゃん 2005 | トップページ | 波影 »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/3738413

この記事へのトラックバック一覧です: ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうなわたしの12か月:

» 『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』 [京の昼寝〜♪]
 パーフェクトな人生 これからは全て順風満帆・・・?    いつもと同じブリジット 新品の日記帳 ■監督 ビーバン・キドロン ■キャスト レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース  あの日からブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)の人生はバラ色に彩られていた。 仕事も家族も“相変わらずなこと”が色々あるけれど、何といっても世界で一番魅力的な弁護士、マー... [続きを読む]

受信: 2005.04.28 00:43

» 「ブリジット・ジョーンズの日記きれそうなわたしの12か月」〜タ... [お茶の間オレンジシート]
2004年監督/ビーバン・キドロン出演/レニー・ゼルウィガー ヒュー・グラント コリン・ファース太めのOLブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)はハンサムな弁護士のマーク(コリン・ファース)と楽しい毎日を過ごしていたが、マークの仕事仲間で美人のレベ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.12 13:26

« クレヨンしんちゃん 2005 | トップページ | 波影 »