« 思い出を売る男*自由劇場*2005-11 | トップページ | ローレライ »

2005.04.14

名探偵コナン 水平線上の陰謀 <ストラテジー>

『名探偵コナン 水平線上の陰謀 <ストラテジー>』 監督/山本泰一郎
2005年*東宝*ヴィスタ・サイズ。

劇場版9作目。初めて映画館に観に行ってみた。御近所シネコンで、しかもなんとTHX劇場で上映していたので、これは観てみようかな、と。でも、THX館ならば、今だったらたとえば『ナショナル・トレジャー』なんかがふさわしいんじゃないだろうか。

ヴィデオだといつもちょっと途中でダレるんだけど、さすがに劇場で観ると、それなりの迫力はある。今回は、客船が舞台なのだが、船全体がひとつの巨大な密室であるというような設定は、あまりストーリーには関係してこない。少なくとも、ミステリの展開としては。

それにしても、登場人物の多い少々込み入った話を、ゆっくりと説明して、小学校3〜4年生くらいにはきちんと理解できるようになっていることに、感心する。無理のある部分も無いではないけれど。

ところで、関係ないですが、陰謀って“conspiracy”という単語しか知らなかったのだけど、そこに“Strategy”を当てるのは適切なのだろうか。英語力がないので分からないのだ(^^)。

|

« 思い出を売る男*自由劇場*2005-11 | トップページ | ローレライ »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/3695424

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵コナン 水平線上の陰謀 <ストラテジー>:

« 思い出を売る男*自由劇場*2005-11 | トップページ | ローレライ »