« 波影 | トップページ | 真夜中の弥次さん喜多さん »

2005.04.23

阿修羅城の瞳

『阿修羅城の瞳』 監督/滝田洋二郎
2005年*松竹*ヴィスタ・サイズ。
某シネマ・コンプレックスで。

うーん、特殊撮影が過剰ではないだろうか。『陰陽師』のときには、気にならなかったんだけどなあ。

これ、舞台ではとても評価が高かったのだが、僕は、当時ちょっとあの作り手たちに疑問を持っていたので、行かなかったのだ。

ええと、あと、僕は個人的に、市川染五郎のルックスが、どうもなあ。どこか間延びしてないか(^^;)?  (歌舞伎)役者としての評価はともかく、お父さんのほうは年齢を重ねた今でもかなりハンサムなのになあ。

|

« 波影 | トップページ | 真夜中の弥次さん喜多さん »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/3818090

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅城の瞳:

» 「阿修羅城の瞳」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
土曜に引き続き日曜日にもファボーレ東宝で二作品見てきました。『阿修羅城の瞳』と『コーラス』の二つです。 まずは『阿修羅城の瞳』から。 主演は「宮沢りえ」と「市川染五郎」。脇を固めるのは「樋口可南子」、「小日向文世」、「内藤剛志」、「渡部篤郎」の面々。エンディングテーマは「スティング」 江戸町民文化が華開いた文政のころ、芝居小屋中村家の戯作家『四世鶴屋南北(小日向文世)』は人気役者『病葉出門-わくらばいずも-(市川染五郎)』の�... [続きを読む]

受信: 2005.05.02 12:35

» 阿修羅城の瞳 今年の223本目 [猫姫じゃ]
阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、 この手の映画では、その昔のバンダ....... [続きを読む]

受信: 2005.11.12 09:24

» 阿修羅城の瞳 [minaの官能世界]
 観始めて、茫然自失。 奔放なストーリー展開、魅力的なキャラクター設定。 どれをとっても、文句の付けようがない。 脚本を書いた「中島かずき」は、天才じゃないかと思った。 それにしても、ずるい。歌舞伎役者を映画に出すなんて。  歌舞伎の世界で厳しく鍛えられただけあって、芸に風格と深みがある。 好みの問題もあるけれども、市川染五郎だから、この脚本が映えたという点も少なからずあると�... [続きを読む]

受信: 2005.11.29 07:40

» DVD「阿修羅城の瞳」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
鬼って美しいのねぇ~!! 舞台の映画化らしいですね。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても良かったのですが。...... [続きを読む]

受信: 2005.12.14 13:33

« 波影 | トップページ | 真夜中の弥次さん喜多さん »