« ローレライ | トップページ | フライト・オブ・フェニックス »

2005.04.14

ロング・エンゲージメント

『ロング・エンゲージメント』
“Un long dimanche de fiançailles” by Jean-Pierre Jeunet
2004年*フランス*スコープ・サイズ。

シネマ・コンプレックスにて。(関係ないけど、この館で1週間に7本も観てしまった。やっぱり近所にあると便利だよなあ…)

前作『アメリ』には、おもちゃ箱をひっくり返したような、かわいらしさ、派手さがあった。ただし、そのおもちゃ箱は、形がどことなくいびつで、中に入っているおもちゃも、部品が欠けていたり、わざわざ何か不要な飾りがくっつけられたりしている。それが、ジャン=ピエール・ジュネの世界だろう。

この映画も、話だけをシンプルに撮ると、ごく普通の戦争映画、それも“銃後もの”になるかもしれない。例として邦画をあげると(観ていないひとには何のことか分からないかもしれないが)、たとえば僕は、『あゝ声なき友』(1972/今井正)や『軍旗はためく下に』(1972/深作欣二)などを思い起こした。洋画だと、たとえば『ひまわり』(1970/ヴィットリオ・デ・シーカ)かな。

しかし、ジャン=ピエール・ジュネのタッチと、主役オドレイ・トトゥのキャラクターが、見ようによっては単なる反戦・厭戦ものになる(悪いことではないが)話を、まったく違う感触の作品に変えてしまっている。しかも、その結果、ストレートには語られない作品の背後から、戦場の悲惨さ、状況と時間の過酷さなどが、じわじわと伝わってくる。テーマが最初にある(前面に押し出されている、という意味)のではなく、ストーリーとキャラクターがあって、そこから、一言では言い表わせないイメージが、メッセージとして伝わるのだ。

圧倒される。素晴らしい。力作。

----------------------------
メインタイトルで、ジャプリゾが原作だと知って、ちょっと驚く。ジョディ・フォスターが、それほど大きな役でもないところに出てくるのも、びっくりするなあ。最初、とても似たひとが、フランスにもいるのかと思ったんだけど(笑)。

|

« ローレライ | トップページ | フライト・オブ・フェニックス »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

結果的に反戦ものになっているんですね。
私的には、最初にテーマがあったと、思ったのですが・・・。
TBよろしく。

投稿: マダム・クニコ | 2005.04.15 07:23

うわ、トラックバックはいろいろあるんですが、コメントって初めてもらいました(笑)。
良い意味で、このひとの映画ってゴチャゴチャしていて、一度観ただけでは、細部までは把握しきれていないどころか、ちりばめられた細部に惑わされて、大きなところも見落としているのかもと、自分の感想についてはあまり(正確かどうかの)自信はないですね~。
『アメリ』と同じく、男女が同量(量?)の想いで惹かれあっているというよりは、彼女のほうの想いが尋常ではなく、それにつられて、周囲のひとたちも、物語も、そして彼女の思念(!)が指し示す先にいる彼自身をも、何だかわけのわからないほうへ引っ張ってゆく、そんな感じを持っています。もちろん、その“引っ張られ具合”がとんでもなくて、観ているほうとしては気持ち良いわけなんですが。

投稿: 氷室浩次 | 2005.04.15 08:30

TBありがとうございます。
久々に感動出来て泣ける映画に出会えて幸せでした☆
オドレイ・トトゥの存在感もさることながら、脇を固める役者さん達の演技も素晴らしかったです。
ここまで純愛を貫き通せるような恋愛をしてみたいなぁと映画を観ながら思いました。

投稿: にゃ~ | 2005.08.16 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/3696095

この記事へのトラックバック一覧です: ロング・エンゲージメント:

» 制作裏話「ロング・エンゲージメント」 [独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板]
『 ロング・エンゲージメント』の英語題A VERY LONG ENGAGEMENT は直訳「非常に長い婚約」で、フランス語の原題 「 Un Long Dimanche de Fiancailles 」は 「長い婚約の日曜日/婚約式の長い日曜日」という意味になります。 ヒロインは『アメリ (2001)』のオドレイ・トトゥ。 『 ロング・エンゲージメント 』は制作費 $50,000,000 $1=¥ 110 換算で 55 億円)だそ... [続きを読む]

受信: 2005.04.14 13:25

» ロング・エンゲージメント ★★★★ [マダム・クニコの映画解体新書]
 (ネタバレあり、未見の方はご注意!) テーマは、タイトルの「約束」。「約束」とは何か?  「約束」とは、お互いに自分を信じてくれるように要求しあう行為である。だが、未来に起こるできごとなので、遂行できるかどうかは予測不可能。神に委ねるしかない一種の「信仰」のようなものだ。そこにあるのはただただ「信頼」のみ。経済の論理が伴う「契約」とは違うのである。  物語に入ろう。マチルドの婚約者マネクが、出征先で消�... [続きを読む]

受信: 2005.04.15 07:23

» ロング・エンゲージメント [ネタバレ映画館]
 激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。  戦争の悲惨さ、空襲を受け爆撃されるだけではなく、味方の軍の中にも悪魔が潜んでいるという異様な重苦しさをも表現している。映像は、塹壕の中、軍法会議で死罪の判決を受けた5人の兵士が連行され、ドイツ軍と対峙する中間点へ置き去りにされるところから始まった。彼らは皆、自分の手を撃ち抜... [続きを読む]

受信: 2005.04.23 22:08

» ロング・エンゲージメント [利用価値のない日々の雑学]
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点をしていないから分からないが、「ネバーランド」以上かも知れない。更に言えば、筆者が今まで見た「戦争」をモチーフにした映画の中でも、「シンドラーのリスト」(この作品は筆者の中では別格ですから・・・)に次ぐ評価をしたい作品である。 冒頭から絶賛して... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 23:33

» 映画☆批評【ロング・エンゲージメント】 [とりぷるだぶるVer.1.0]
評価 80点 「アメリ」のスタッフが再集結、オドレイ・トトゥ主演のラブロマンス映画。 もうとにかく感動の一言!!オドレイ・トトゥの演技にはほれぼれしますし、こんな純粋な 愛を見せられたらもう涙腺緩みまくりですよ。 (ネタバレになるので反転) 戦争で死んだと思わ... [続きを読む]

受信: 2005.08.14 23:41

» ロング・エンゲージメント [cinema note+]
  A Very Long Engag [続きを読む]

受信: 2005.11.06 23:43

» ロング・エンゲージメント−映画を見たで(今年167本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ジョディ・フォスター 評価:91点(100点満点) 完璧な映像美に圧倒される2時間13分。 愚直なまでのまっすぐな愛情は最後に奇跡を起こすのか。 アメリの不思議な感....... [続きを読む]

受信: 2005.12.18 00:00

« ローレライ | トップページ | フライト・オブ・フェニックス »