« 名探偵コナン 水平線上の陰謀 <ストラテジー> | トップページ | ロング・エンゲージメント »

2005.04.14

ローレライ

『ローレライ』 監督/樋口真嗣
2005年*東宝*スコープ・サイズ。

シネマ・コンプレックスにて。ちゃんとヒットしてるんだよねー。正直言って、これとか『亡国のイージス』『戦国自衛隊 1549』と、どれも予告篇を見る限り、好戦的であったり“歴史の勝手な(面白半分の)再創造”なんじゃないかと、観るのをためらいがちだったのだが、少なくともこの作品では、良い意味でうまく逃げているというか、どんな立場(笑)の者が観ても、まあまあ納得できるようなものにはなっている。特殊撮影などで、いわゆるハリウッド製エンタテインメント(の超大作ではないもの)と比較しても、それほど遜色のない作品になっていることも注目に値するが、それにもまして、その脚本(原作は未読)の巧さ・玉虫色的立場の創造こそが、とても“アメリカ映画”っぽいのだ。

役者は、メインの数人を除くと、ほとんどが集団劇の一員として扱われていて、エピソードや見せ場のない役もあるのが、ちょっと残念なような気もするが、でも、思い切りよく集団劇にしたことで、密室の緊迫感は生まれている。エンドクレジットを見ると、KREVA(元(?)KICK THE CAN CREWの)が出ていてちょっとびっくり。似たヤツがいるな、とは思っていたのだけど、まさか本人とは。軍服(?)を着ていると、ひとってあまり見分けがつかないのだ。

ところで、僕はまったく知識がないんですが、海軍だと、あのくらいの髪の長さで良いのかな? 役所広司の役あたりの階級だと問題ないのかもしれないが、妻夫木くんなんて、ごく普通の髪に見えるんだよね。別に、クリクリ坊主頭になってもらいたい、わけではないけれど。たぶん(^^;)。

|

« 名探偵コナン 水平線上の陰謀 <ストラテジー> | トップページ | ロング・エンゲージメント »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/3695717

この記事へのトラックバック一覧です: ローレライ:

« 名探偵コナン 水平線上の陰謀 <ストラテジー> | トップページ | ロング・エンゲージメント »