« 炎のメモリアル | トップページ | 電車男 »

2005.06.08

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー
“Million Dollar Baby” by Clint Eastwood
2004年*USA*スコープ・サイズ

TOHOシネマズ府中 スクリーン8にて

大勢のひと(ファン以外)から評価の高いイーストウッド作品って、ファンからは意外とそれほどには支持されるわけでもない、というのが、僕の周囲(サンプル数は多くない(笑))での定説になっているけれど、今回も、ちょっとそんな気配がするのだ。

いや、そりゃあ、ものすごく水準の高い出来なのである。メインの話だけを観ていれば、感動の渦(?)に呑まれるのかもしれない。しかし…。

いわゆる“感動作”には似つかわしくない、最後まで説明されない小さな謎がいくつかあって、しかし、それを、気付かないひとにはそのままに、あれは何だったんだろうと思う者には不思議な余韻を残すようにするって、これも計算なのかなあ。それがイーストウッド風、なのか。

もちろん、観たほうが良いですよ。でも、個人的にはもうちょっとシンプルな話、たとえば、世界中にもう“お互いしか居ない”ほど孤独だったトレーナーとボクサーとが出会い、共にタイトルマッチを目指してトレーニングするだけの映画のほうが、もっと良かったんじゃないかと思うのだ。それだけで、十分に成立する話なんだし。

でも、前作『ミスティック・リバー』もそうだったのだが、イーストウッドは、もうそんなシンプルなストーリーの小品では描けないようなものを、たぶん撮ろうとしているんだろうけど。

|

« 炎のメモリアル | トップページ | 電車男 »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/4464104

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー:

» ■〔映画鑑賞メモVol.1〕『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド) [太陽がくれた季節]
皆さん、こんばんは~ 私め、 昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました! じわりじわり、 映画のあれこれが今甦って来ています。 うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』という映画の余韻に浸らずとも浸っていたというか何と言うか...((^^; ―皆さん、 そんなこんなで、 特に、先週木曜日ほどから本作でのあれこれでTBをさせて頂いたり、TBを頂いたり、コメントを頂いたり、私的にメールを頂... [続きを読む]

受信: 2005.06.08 15:16

» ミリオンダラー・ベイビー [なにも起こらなかった一日の終わりに]
 一人シネマラソン、お次は数々の賞に輝いた「ミリオンダラー・ベイビー」です。  ボクサーの身体を気遣うあまりに冒険をさせられない老トレーナーと、無垢だけども決して弱音を吐かない女性ボクサーの絆と悲愴な人生を描いたドラマです。    ジムを経営する老トレーナー・フランキー(クリント・イーストウッド)はいつまでもタイトル戦をさせてくれないことに業を煮やしたボクサーに逃げられたばかり。  �... [続きを読む]

受信: 2005.06.08 16:04

» ミリオンダラー・ベイビー [MOVIE SHUFFLE]
『MILLION DOLLAR BABY』 アメリカ/2004 監督・出演:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン アンソニー・マッキー     ジェイ・バルチェル マイク・コルター ブライアン・オバーン 受賞:アカデミー賞/主演女優・助演男優・監督賞・作品賞(2004)     全米批評家協会賞/作品賞・主演女優賞(2004) 他多数受賞 「常に自分を守ること」 名優3人が熱演し、見事2004年度アカデミー賞4部門に輝いたヒューマンドラマ。 ... [続きを読む]

受信: 2005.06.09 23:33

» ミリオンダラー・ベイビー [In my opinion・・・]
ちょっと久しぶりの更新f(^ー^; それも、たまたま思い立った時間から一番近い上映時間っていうだけで鑑賞した 「ミリオンダラー・ベイビー」です。特に、予告編も気にしたことがなかったのでどんな映画かも知らなかった。そんなわけで観たのですが最初はこれって、ただの女... [続きを読む]

受信: 2005.06.10 00:00

» 「MILLION DOLLAR BABY」に感動 [☆hiropechi blog☆]
何ともやりきれないラストであったが、 それ以上に感動も大きかった作品でした。 こだわりを持って、突き進んでいく人生。 しかし、どんなに頑張っても事は良い方向に進むわけではない。 それでも、どのような逆境であっても、 愛する者がそばにいたら、 信頼する者が、自分の人間としての尊厳を守ってくれたら、 ...... [続きを読む]

受信: 2005.06.11 20:33

» ミリオンダラー・ベイビー [シネクリシェ]
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、"枯淡の境地"という言葉があ [続きを読む]

受信: 2005.06.18 16:43

» 「ミリオンダラー・ベイビー」感想代わりに・・・ [ハートの基礎体力]
(あらすじ) 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれを切らし、別のマネージャーの下へと去ってゆく。そんな折、フランキーの前に現れた女性ボクサー、マギー。マギーはフランキーの指導を乞うが、昔気質�... [続きを読む]

受信: 2005.06.19 17:23

» 映画鑑賞感想文『ミリオンダラー・ベイビー』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『MILLION DOLLAR BABY/ミリオンダラー・ベイビー』を観たよ。 監督は、さるおが愛してやまない荒野の用心棒にして夕陽のガンマン、ダーティ・ハリー!『許されざる者』のオスカー監督でカリフォルニア州カーメル市の元市長、クリント・イーストウッド(Clint Ea..... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 18:44

» 8 - ミリオンダラー・ベイビー [映画かよ!]
製作年度・製作国・上映時間 2004年・アメリカ・133分 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニ [続きを読む]

受信: 2005.11.12 11:25

« 炎のメモリアル | トップページ | 電車男 »