« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | 美しい夜、残酷な朝 »

2005.06.12

電車男

電車男』 監督/村上正典
2005年*東宝*ヴィスタ・サイズ

TOHOシネマズ府中 スクリーン2(THX劇場)にて

作品の舞台が、時代はいつか・場所がどこか分からないような話ならば、このストーリーのみを素直に受け止めて、まあ、シンプルに感動しても良いような、そのくらいの出来ではある。でも、突っ込もうと思えば、そういう箇所が最初から最後まで山ほどある、そんな話でもあるのだ。

たとえば、最初にひとつだけ挙げると、お客ひとりひとりにからむようなあんな酔っぱらいって、リアルな存在として居るものかなあ。僕は、見たことないぞ〜。だいたい、中谷美紀の家のある、そんな沿線なわけだよね。路線の雰囲気を考えたって、あれってアリだろうか。まあ、確かに、堅い職業のリーマンさんのほうが、いざとなると壊れかたも激しいものだけど。その点は良いか。演出上の誇張ということで。

メインは、たまたま恋愛をする用意が出来ていなかった青年が、いろいろ周囲の助言を受けて一歩踏み出すという、ただそれだけの可愛らしい話。でも…。どうしてあの青年は、始終オドオドとしているんだろう。「自分に自信がない」から?

容姿に自信がない、というのは、コンタクトレンズ、ヘアカット、服、という馬鹿げた3点セットで、少なくとも表面上は解決してるわけだよね? (あんな、わずか数時間で容姿が一変するんだとしたら、今までそうしなかったのは、とんでもない大馬鹿だとしか思えないのだが)

自分の内面が彼女と不釣り合いだ、というほうが深刻なのか。でも、それだってアプローチというか、良い方向へ持って行く方法も、いろいろあるよなあ。

たとえば、「僕は、●●●に関しては大好きなので、いろいろ話したり、貴女にもし分からないことがあれば、一緒に考えたりお手伝いすることもできると思います。でも、それ以外では知らないこともたくさんあるので、まずは貴女の好きなものを教えてくれませんか」っていうベタなセリフでも、あんな純朴そうに見える青年が言うなら、相手もそれほど警戒しないんじゃないだろうか。

定番のセリフ 「君のことが、もっと知りたいな」 高知東生のようなひとがそう言ったのなら、それはかなり怪しいし(結婚詐欺か?)、北村一輝タイプがもし貴女にそう囁 <ささや> いたとしたら、貴女は数日後、どこかへ売り飛ばされる運命にあるのだ(爆)。

脱線しました(^^;)。ええと。

まあ、とにかく、例によって恋愛の話は、よく分からんなあ。感想のほうも、支離滅裂になっております。

モテそうに見えて実際にいろいろと誘い誘われ交際していてもそれでもそれが長続きしないそんなひとの、どこか・何かの欠落・欠損を描く、そういう作品のほうが個人的には興味があるんだけどな〜。

モテなさそうに見えるひとが、本当にモテない。モテそうに見えるひとが、普通にモテる。この2つって、どちらも詰まらなくて、劇的なことが生まれない設定だと思うのだ。あー、そうか、そういう意味では、この映画は「モテなさそうだったヤツが、ちょっとモテそうになってくる」っていう展開に、ドラマがあるわけなんだよなあ…。

じゃあ、やっぱりこの作品って、良い映画なのか?(笑) うーむ。

|

« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | 美しい夜、残酷な朝 »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/4517811

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男:

« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | 美しい夜、残酷な朝 »