« 美しい夜、残酷な朝 | トップページ | 最後の恋のはじめ方 »

2005.06.13

フォーガットン

フォーガットン
“The Forgotten” by Joseph Ruben
2004年*USA*ヴィスタ・サイズ

TOHOシネマズ府中 スクリーン3にて

日本でもそこそこヒットしている、話題の謎映画。予告篇を見る限り、どのようにも展開し得るので、期待はふくらむ。

オープニングで、ジョセフ・ルーベン監督作品と出て、へえ、と思う。このひとの隠れた佳作(らしい)「W/ダブル」を、まだ観ていないんだよなあ。僕が観てるのは「愛がこわれるとき」や「危険な遊び」なので、うーん、どうももう一つはっきりしない監督という感じなのだ。

ええと、役者は良いですよ。ジュリアン・ムーア(あの二の腕のソバカスは、メイクなのか?)、彼女と行動をともにするドミニク・ウェスト(♂)というひと、出番は少ないが刑事(♀)役のアルフレ・ウッダードなども悪くない。ムーアの夫役でアンソニー・エドワーズが出ているのだが、いま、ああいう風貌になっているんだなあ。若いとき(「シュア・シング」や「トップガン」など)より、むしろ今のほうが男っぷりが上がっている。(僕は、TVドラマ「ER/緊急救命室」を観たことがないもんで…)

話は、最後まで僕は飽きずに観たけど、途中からどんどん馬鹿馬鹿しさが増すと感じて、呆れるひとも居るかもしれない(笑)。話のつじつま合わせを、たったひとつの事柄で説明するのは、簡潔であるとも、あるいは無精であるとも言える。

シャマランだと、メインの謎/キャラクターの他に、それをサイドから補強する要素もあるので、だから、最後に全貌が見えたあとでも、ある種の感慨が残るんだけどなあ。いや、少なくとも僕にはそうなのだが(^^;)。彼の作品って、1作ごとに世評は良くなくなっているようだけど。

|

« 美しい夜、残酷な朝 | トップページ | 最後の恋のはじめ方 »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

フォーガットンつながりで彷徨ってまいりましたが
テンプレの可愛さにやられました・・・^^
可愛いブログですねえ!!

投稿: しまりす | 2005.06.14 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/4532951

この記事へのトラックバック一覧です: フォーガットン:

» 「フォーガットン」観て来ました。 [しまりすのひとりごと]
観て来ましたよ、観て来ましたよ。 もおおお、これは予告をみた瞬間からずーっと 観たくて観たくて仕方が無くて、 なんと前売り券まで買って待っていた、という作品でした。 土壇場でいろいろ忙しくなってしまって 観にいくのが遅れてしまったのですが、やっとこ、 先週の土曜日、しかも23:30から上映、というものすごいスケジュールで 六本木ヒルズまで観にいってきました。(やれやれ) 内容、感想は�... [続きを読む]

受信: 2005.06.14 17:28

» フォーガットン [あ~るの日記@ココログ]
映画『フォーガットン』を観た。スリラーと思って観ていたら、SF(Xファイル?)だった。こりゃ詐欺だ!人がビューンと飛んでくとこは、思わず笑いそうになったぞ。 オフィシャルサイト... [続きを読む]

受信: 2005.06.19 12:32

» 映画「フォーガットン」 [RAKUGAKI]
謎が謎を呼び、不可解な現象が身の回りで起こり続ける。でもなんか入り込めないという [続きを読む]

受信: 2005.06.19 16:04

» フォーガットン [ももママの心のblog]
ジュリアン・ムーアがリアリティーのある演技で物語りに引き込んでいく。3回以上はドキッとすること請け合い。{/face_ase2/} 2005年 アメリカ 心理サスペンス サプライズ 2005年6月8日 川崎チネチッタ 監督 ジョゼフ・ルーベン 出演 ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アンソニー・エドワーズ テリー(ジュリアン・ムーア)は9歳の愛する息子サムを、飛行機事故で失っ�... [続きを読む]

受信: 2005.07.13 08:34

« 美しい夜、残酷な朝 | トップページ | 最後の恋のはじめ方 »