« 電車男 | トップページ | フォーガットン »

2005.06.13

美しい夜、残酷な朝

美しい夜、残酷な朝』 日本公開ヴァージョン
“Three... Extremes” by Fruit Chan, 三池崇史, Park Chan-wook
2004年*香港/日本/韓国*ヴィスタ・サイズ

TOHOシネマズ府中 プレミア・スクリーンにて(通常料金での上映)

『THREE 臨死』(まだ観ていない)に続く、アジア諸国の監督が撮るホラー・サスペンスのオムニバス第2弾…なんだそうです。オムニバスって、個々の中短篇としての出来は別として、本当はそれが複数で並んだときの効果までをも考えて作られるべきなんだろうけど、でも、なかなかそういうものはお目にかからないわけで。

これ、何も期待せずに観たのだが、とにかく1本目の香港篇「dumplings」(「ハリウッド★ホンコン」などを撮ったフルーツ・チャン監督作品)が面白くて、続く2本にはあまり乗れなかったなあ。2本目の「box」(三池崇史)も3本目の「cut」(「JSA」「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督作品)も、あとになって考えてみると、そんなに悪くないものだったのかもしれない。ヴィデオででも、もう一度観てみたい。

1話目にレオン・カーフェイが出ていて、久々に観たけど、やっぱりいい男なのだ(^^)。でも、公表されている年齢(46歳)から考えて、あれってメイクで老けて見せてるんだろうなあ。まさかリアルな雰囲気ではないと信じたい(笑)。46歳は、今の感覚では初老(に見える)というにはちょっとだけ若いだろう。

|

« 電車男 | トップページ | フォーガットン »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/4532822

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい夜、残酷な朝:

» 映画「美しい夜、残酷な朝」 [RAKUGAKI]
ぢつわ、長谷川京子は中学の同級生だったりします(^^)。で、この映画も長谷川京子 [続きを読む]

受信: 2005.06.20 18:45

« 電車男 | トップページ | フォーガットン »