« 李香蘭 | トップページ | 埋もれ木 »

2005.08.23

SHIROH

SHIROH

シネクイント(渋谷)にて

昨年12月・帝国劇場での公演を収録して、映画館で上映したもの。最近、何度か試みられている、舞台公演を収録して映画館で興行するというもののひとつ。

単に舞台をそのまま収録(固定カメラで)したものとも、TVなどでの公演中継(録画)とも、舞台の映画化とも違う独自のもの。言いかたを変えれば“どっちつかず”であるとも言える(^^)。

果たして、こういう試みにどんな意味があるのか、どのくらい元の舞台を再現できているのか、あるいは、直 <じか> に舞台に接する以上の効果を映像化することで生み出せているのか。そういう問いかけは、今回、僕に限っては無意味なものになっている。

圧倒的なミュージカル体験。とにかく今日は、何も言えません(^^;)。既に発売されている抜粋版CDで何度も何度も聴いている曲も、やはり映像付きで観るとまた格別です。それに、舞台で一度観ただけのCD未収録曲もいっぱいあって、非常に堪能しました。主演・中川晃教くんのパートを含む曲にも未収録のものがあるので、要注意。

ケタはずれにパワフルなこの作品が2000円(前売料金)で観られるというのは、一般の映画の当日料金が1800円であることを考えると、何か悪い冗談のようでもある。公演を収録した(上映されたものと全く同じ素材なのだろうか)セルDVDも、10月6日に発売予定。定価6800円。

【続く…かも】

|

« 李香蘭 | トップページ | 埋もれ木 »

「●映画感想」カテゴリの記事

「●演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/5610477

この記事へのトラックバック一覧です: SHIROH:

» SHIROH [某茶房拾遺伝]
昨年末、帝劇を湧かせた劇団☆新感線のロックミュージカル『SHIROH』が、ゲキ×シネ第3弾として登場した。 個人的には「待ってました」と言いたいところ。 もはやゲキ×シネも三度目ともなれば「芝居は生に限る」なんてエロいことばかりは言っていられない。 多くの人に、良い芝居を、安価でかつ大迫力で観てもらえるなんて、これ以上何を望むというのか。 ゲキ×シネが観劇人口の間口を広げる、なんて大それたことは書かないけど、ひとつのエンターテインメントのカタチとして認めてしまっていいんじゃないだろうか? さて... [続きを読む]

受信: 2005.08.25 17:45

« 李香蘭 | トップページ | 埋もれ木 »