« USENの宇野康秀氏 | トップページ | サマータイムマシン・ブルース »

2005.10.30

私の頭の中の消しゴム

私の頭の中の消しゴム
“A Moment to Remember” by Lee, John H.
2004年*韓国*スコープ・サイズ

TOHOシネマズ府中 プレミア・スクリーンにて
通常料金での上映

チョン・ウソンというひとを眺めに行ったのだ(^^;)。なるほど魅力的。というか、ここ最近の韓国のスタアの中では、僕にとってはいちばん魅力的かも。もうちょっと髪は短いほうが…。

ところが、映画のほうもかなりのもの。主役2人だけに絞ったほうが良いんじゃないか、という気がした副エピソードの描写も、最後でちゃんと活きてくるあたり、巧いなあ。

泣くぜー(笑)。イイ男を見たいひと、泣ける映画を見たいひとには、お薦めです。

|

« USENの宇野康秀氏 | トップページ | サマータイムマシン・ブルース »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/6780747

この記事へのトラックバック一覧です: 私の頭の中の消しゴム:

» 『私の中の消しゴム』 [chisato inuo]
いっぱい泣いた映画でした。 バランスが今一つだが、十分に楽しめた映画 ★★★ 2 [続きを読む]

受信: 2005.12.27 00:03

« USENの宇野康秀氏 | トップページ | サマータイムマシン・ブルース »