« ソウ2 | トップページ | アトリエ新派 »

2005.11.11

蝉しぐれ

蝉しぐれ
監督/黒土三男
2005年*東宝*ヴィスタ・サイズ

TOHOシネマズ府中 プレミア・スクリーン
通常料金での興行

うーむ。話の中身はちょっと脇に置いておくとして、それにしても、最近撮られる“時代もの”って、映像に様式性が無いんだよなあ。特に(そういう意味で)驚かされたのは、山田洋次さんの撮った『たそがれ清兵衛』。意図的(またはそういうふうにしか撮れない)なのだとしても、ああいう、決まるべきカットが決まらない、そういう映像で満たされた“時代もの”が、批評家のベストワンに選出されたのも意外だった。

この映画ですか? なにしろ原作を読んでいないもので、予告篇から想像していたものと、細部でははなはだしく違っていて、ちょっとびっくり。主役の男がひとを斬る目的として、僕はまったく個人的な理由を想像していたのだけど。

主役の男女2人については、果たして素晴らしく役柄に合っていたのかどうか疑問。むしろ、今田耕司や“ふかわりょう”が、意外に悪くなかったんじゃないでしょうか。

藤沢周平さんの長篇って、恥ずかしながら読んだことがないんだよなあ。短篇をいくつか読んだくらいで。

|

« ソウ2 | トップページ | アトリエ新派 »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/7299679

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉しぐれ:

» 蝉しぐれ [シネクリシェ]
 このところ『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』(未見)そしてこの作品と藤沢周平原作の作品が軒並み映画化されています。  玄人好みする作風で [続きを読む]

受信: 2005.11.25 06:27

« ソウ2 | トップページ | アトリエ新派 »