« 母・肝っ玉とその子供たち | トップページ | あらしのよるに »

2005.12.11

LA映画批評家協会賞

2005年度(第31回)
LA映画批評家協会賞

(発表は12月10日)

★作品賞 『ブロークバック・マウンテン
★監督賞 アン・リー(『ブロークバック・マウンテン』)
★女優賞 ヴェラ・ファーミガ(“Down to the Bone”)
★男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン(『カポーティ』)
★助演女優賞 キャサリン・キーナー(『カポーティ』&“The Ballad of Jack and Rose”&『40歳の童貞男』&『ザ・インタープリター』)
★助演男優賞 ウィリアム・ハート(『ヒストリー・オブ・バイオレンス』)

★脚本賞(同点) 『イカとクジラ』 ノア・ボーンバッハ(オリジナル脚本)
★脚本賞(同点) 『カポーティ』 ダン・ファターマン(脚色)
★撮影賞 『グッドナイト&グッドラック』 ロバート・エルスウィット
★美術賞 『2046』 ウィリアム・チャン
★スコア賞 『ハウルの動く城』 久石譲木村弓
★アニメイション賞 『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』 監督:ニック・パークスティーヴ・ボックス
★外国語映画賞 『隠された記憶』 監督:ミヒャエル・ハネケ
★ドキュメンタリー賞 Grizzly Man” 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
★ニュー・ジェネレイション賞 テレンス・ハワード
★功労賞 リチャード・ウィドマーク

|

« 母・肝っ玉とその子供たち | トップページ | あらしのよるに »

「★映画賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/8361377

この記事へのトラックバック一覧です: LA映画批評家協会賞:

« 母・肝っ玉とその子供たち | トップページ | あらしのよるに »