« エリザベスタウン | トップページ | 春の雪 »

2005.12.04

浅草東宝オールナイト

“To live and die in 浅草東宝〜アクション大魔王〜”
浅草東宝*オールナイト上映

(2度目)『血とダイヤモンド』 1964年*東宝*黒白*スコープ・サイズ。監督/福田純。
遥かなる男』 1957年*東宝*黒白*スコープ・サイズ。監督/谷口千吉。
悪魔の接吻』 1959年*東宝*黒白*スコープ・サイズ。監督/丸山誠治。
大空の野郎ども』 1960年*東宝*黒白*スコープ・サイズ。監督/古沢憲吾。

予想外に水準以上の作品が集まった、意外な一夜(^^)。中では、『遙かなる男』の粗雑なキャラクター設定が癇にさわるのだが、これだって、プログラム・ピクチュアとしては許容範囲ではあるわけだし。

いちばん驚くのは、丸山誠治さんの『悪魔の接吻』。冒頭に「観ていない者に結末を明かすな」という趣旨の、制作者から(本当のところはもちろん分かりませんが)の言葉が入るタイプのサスペンス。丸山誠治(『男ありて』は未見)さんって、こんなのも撮るひとだったんだなあ。ちょっと、ボアロー&ナルスジャックふうかな?(^^)

|

« エリザベスタウン | トップページ | 春の雪 »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/7491730

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草東宝オールナイト:

« エリザベスタウン | トップページ | 春の雪 »