« レジェンド・オブ・ゾロ | トップページ | Mr.&Mrs.スミス »

2006.02.09

プライドと偏見

プライドと偏見
“Pride & Prejudice” by Joe Wright
2005年*UK/フランス合作*スコープ・サイズ

TOHOシネマズ府中スクリーン8にて

なんと言ってもキーラ・ナイトレイの演技が魅力的で、意外さに驚かされる。200年以上も前に(フィクションの中で)生きていた人物を、活き活きと自然に演ずることが出来るというのも、それはそれでなかなかの力量の証しなのだろう。

ダーシー役のマシュー・マクファディンというひとは、確かにときどきは(^^;)魅力的なのだが、しかしベストな配役だったのかなあ。かつてローレンス・オリヴィエがやった役なんだそうで。『嵐ケ丘』や『レベッカ』の頃だから、ということは輝くような美貌の頃だよなあ…。う〜む。ちなみに、相手役(ナイトレイの演じた役)はグリア・ガーソン(!)。

|

« レジェンド・オブ・ゾロ | トップページ | Mr.&Mrs.スミス »

「●映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/8667179

この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見:

« レジェンド・オブ・ゾロ | トップページ | Mr.&Mrs.スミス »