« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の6件の記事

2007.01.29

映画俳優組合賞

2006年度(第13回)
映画俳優組合(SAG)賞

候補指名は2007年1月4日、授賞発表は2007年1月28日

◆主演女優賞 ★ヘレン・ミレン(『クィーン』)
 ○
ペネロペ・クルス(『ボルベール 帰郷』)
 ○
ジュディ・デンチ(『あるスキャンダルの覚え書き』)
 ○
メリル・ストリープ(『プラダを着た悪魔』)
 ○
ケイト・ウィンスレット(『リトル・チルドレン』)

◆主演男優賞 ★フォレスト・ウィッテカー(『ラストキング・オブ・スコットランド』)
 ○
レオナルド・ディカプリオ(『ブラッド・ダイヤモンド』)
 ○
ライアン・ゴズリング(“Half Nelson”)
 ○
ピーター・オトゥール(『ヴィーナス』)
 ○
ウィル・スミス(『幸せのちから』)

◆助演女優賞 ★ジェニファー・ハドソン(『ドリームガールズ』)
 ○
アドリアナ・バラザ(『バベル』)
 ○
ケイト・ブランシェット(『あるスキャンダルの覚え書き』)
 ○
アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)
 ○
菊地凛子(『バベル』)

◆助演男優賞 ★エディ・マーフィ(『ドリームガールズ』)
 ○
アラン・アーキン(『リトル・ミス・サンシャイン』)
 ○
レオナルド・ディカプリオ(『ディパーテッド』)
 ○
ジャッキー・アール・ヘイリー(『リトル・チルドレン
 ○
ジャイモン・フンスー(『ブラッド・ダイヤモンド』)

◆アンサンブル賞(キャストはアルファベット順) ★『リトル・ミス・サンシャインAlan Arkin, Abigail Breslin, Steve Carell, Toni Collette, Paul Dano, Greg Kinnear
 ○『バベル
[Adriana Barraza, Cate Blanchett, Gael García Bernal, 菊地凜子, Brad Pitt, 役所広司]
 ○『ボビー
[Harry Belafonte, Joy Bryant, Nick Cannon, Emilio Estevez, Laurence Fishburne, Brian Geraghty, Heather Graham, Anthony Hopkins, Helen Hunt, Joshua Jackson, David Krumholtz, Ashton Kutcher, Shia LaBoeuf, Lindsay Lohan, William H.Macy, Svetlana Metkina, Demi Moore, Freddy Rodríguez, Martin Sheen, Christian Slater, Sharon Stone, Jacob Vargas, Mary Elizabeth Winstead, Elijah Wood]
 ○『ディパーテッド
[Anthony Anderson, Alec Baldwin, Matt Damon, Leonardo DiCaprio, Vera Farmiga, Jack Nicholson, Martin Sheen, Mark Wahlberg, Ray Winstone]
 ○『ドリームガールズ
[Jamie Foxx, Danny Glover, Jennifer Hudson, Beyoncé Knowles, Eddie Murphy, Keith Robinson, Anika Noni Rose]

◆功労賞 ジュリー・アンドリュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.23

劇団四季の新作は〔ウィキッド〕

電通四季劇場[海]での次回作、噂の通りに〔ウィキッド〕だと発表されました。非英語圏では初めての上演になるのだそうで。

僕は、素人考え(笑)として、とうとう〔アイーダ〕をやってくれると思っていたんだけど、大型新作ロングランを予定…という情報が入ってきて、あ、これは違うなと(^^;)。

続きを読む "劇団四季の新作は〔ウィキッド〕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直前予想◇アカデミー賞 ノミネイション

いよいよ、日本時間の今夜(23日夜)発表される、2006年度のアカデミー賞候補を、予想してみました。
ここって、記事の公開時間をあとから変更して登録することも出来ますが、これは、正真正銘、発表の半日前に書いたものです(笑)。システム上、何の証明にもなりませんが。

--------
◆作品賞候補の予想

 ◎『ディパーテッド
 ◎『ドリームガールズ

いくらなんでも、この2本は強い。大スタジオふう、アカデミーらしい。『プラダを着た悪魔』は、まさか作品賞候補5本のうちには入らないだろう。

 ○『リトル・ミス・サンシャイン

小品から1本。このひと月の盛り上がりぶりを見ると、昨年の「クラッシュ」と同じく、候補としてだけではなく作品賞そのものでサプライズ受賞ということもありうる。“Bobby”や“Little Children”は、候補5本からは外れるのではないか。

 ○『クィーン

イギリス枠(笑)。

 ▽『バベル

アウトサイダー枠。[アメリカ国内や先進諸国にだけ目を向けた映画]以外を志向・嗜好するひとが選びたがる(^^)、こういう作品が5本の中に1本くらいは入ってくるのが通例。

しかし『バベル』のかわりに、

 ▽『父親たちの星条旗

これもありうる。2部作では、評価は『硫黄島からの手紙』のほうが高いが、なにしろハードルの高い外国語映画だし。
(ちなみに、毎回勘違いするひとが出てくるけれど、アメリカ国内で商業公開されていれば、外国語映画も規約上は作品賞候補となりうるのだ。だから、今回、作品賞候補の5本に『硫黄島からの手紙』が入らなくても、それは“外国語”だったからではなく、単に選ばれなかったという意味でしかない)

続きを読む "直前予想◇アカデミー賞 ノミネイション"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.01.21

全米制作者組合賞

2006年度(第18回)全米制作者組合(PGA)賞
候補指名は2007年1月3日、授賞発表は2007年1月20日

◆劇場用映画部門リトル・ミス・サンシャイン(Producers: Marc Turtletaub & David T.Friendly & Peter Saraf & Albert Berger & Ron Yerxa)Fox Searchlight *surprise!!!
 ○
バベル(Producers: Alejandro González Iñárritu & Steve Golin & Jon Kilik)Paramount Vantage
 ○
ディパーテッド(Producer: Graham King)Warner Bros.
 ○
ドリームガールズ(Producer: Laurence Mark)Paramount / DreamWorks
 ○
クィーン(Producers: Andy Harries & Christine Langan & Tracey Seaward)Miramax

◆アニメイション部門カーズ(Producer: Darla K.Anderson)Buena Vista
 ○
マウス・タウン/ロディとリタの大冒険(Producers: Cecil Kramer & Peter Lord)Paramount / DreamWorks
 ○
ハッピー フィート(Producers: Doug Mitchell & George Miller & Bill Miller)Warner Bros.
 ○
アイス・エイジ 2(Producer: Lori Forte)Fox
 ○
モンスター・ハウス(Producers: Steve Starkey & Jack Rapke)Sony / Columbia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.17

ゴールデン・グローブ賞

2006年度(第64回)ゴールデン・グローブ賞
映画部門 全ノミネイションと授賞結果一覧

候補指名は12月14日、発表は2007年1月15日

◆ミュージカル/コメディ部門◇作品賞
★『
ドリームガールズ
 ○『ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
 ○『プラダを着た悪魔
 ○『
リトル・ミス・サンシャイン
 ○『
サンキュー・スモーキング

◆ドラマ部門◇作品賞
★『
バベル
 ○『ボビー
 ○『
ディパーテッド
 ○
リトル・チルドレン
 ○『
クィーン

◆監督賞
マーティン・スコセージディパーテッド
 ○クリント・イーストウッド(『父親たちの星条旗』)
 ○
クリント・イーストウッド(『硫黄島からの手紙』)
 ○
スティーヴン・フリアーズ(『クィーン』)
 ○
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(『バベル』)

続きを読む "ゴールデン・グローブ賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

全米映画批評家協会賞

2006年度(第41回)全米映画批評家協会賞
(発表は2007年1月6日)

★作品賞 『パンズ・ラビリンス監督:ギレルモ・デル・トロ
★監督賞 ポール・グリーングラス(『ユナイテッド93』)
★女優賞 
ヘレン・ミレン(『クィーン』)
★男優賞 
フォレスト・ウィッテカー(『ラストキング・オブ・スコットランド』)
★助演女優賞 
メリル・ストリープ(『プラダを着た悪魔』『今宵、フィッツジェラルド劇場で』)
★助演男優賞 
マーク・ウォールバーグ(『ディパーテッド』)
★脚本賞 『
クィーンピーター・モーガン(オリジナル脚本)
★撮影賞 『
トゥモロー・ワールドエマニュエル・ルベツキ
★ノン・フィクション賞 『
不都合な真実監督:デイヴィス・グッゲンハイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »