« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の7件の記事

2007.02.26

アカデミー賞

2006年度(第79回)アカデミー賞 主要部門のノミネイションと結果一覧
候補指名は2007年1月23日、授賞発表は2007年2月25日午後5時(現地時間)より

◆作品賞 ★ディパーテッド (=Warner Bros.) Graham King, Producer
 ○
バベル (=Paramount & Paramount Vantage)
 ○
硫黄島からの手紙 (*1)(=Warner Bros.)
 ○
リトル・ミス・サンシャイン (=Fox Searchlight) 監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
 ○
クィーン (=Miramax & Pathé & Granada)

 (*1)指摘があったので、1945年度以降の選考をざっと見わたしてみましたが、確かに[(制作の主体や監督の国籍がどこであれ)日本語(の使用が中心となる)映画]が作品賞候補になるのは、たぶん初めてだろうと思われます。

 作中に少し(片言の)日本語が出てきたとか、舞台が日本だった(たとえそれが、日本に住んでいる者から見ると奇妙なモノであったとしても)などは、以前にもあったのですが…。
 かつて監督賞候補に選ばれた、黒澤明の「乱」や勅使河原宏の「砂の女」(あまり知られていないが本当です)も、さすがに作品賞候補にはなり得なかった。まあ、この顔ぶれを見ると[外国語映画の監督が撮ったアート・フィルム]枠だもんなあ(^^)。

◆監督賞 ★マーティン・スコセージ(『ディパーテッド』)6度目の候補/初の受賞
 ○
クリント・イーストウッド(『硫黄島からの手紙』)4度目の候補/受賞2回
 ○
スティーヴン・フリアーズ(『クィーン』)2度目の候補
 ○
ポール・グリーングラス(『ユナイテッド93』)初の候補
 ○
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(『バベル』)初の候補

続きを読む "アカデミー賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.22

小林旭の映画たち(^^)

酒を飲んでいるときに、いつもたいてい一度くらいは、小林旭のことを考える。
小林旭というスタア自身のことを思うのではない。彼の映画のその世界観を思い、それが、少なくとも僕にとっては、酒を飲んだときの緩やかな高揚感に非常に似ているから、だから思い出してしまうのだろう。

果たしてその瞬間、本当に彼の映画をDVDなどで観ると楽しいのかどうか、まだ試していないので分からない。
ほろ酔いの時って、TVのヴァラエティ番組を見るには良いのだが、やはり映画“本篇”(^^)を観るのは、何か作り手に対して失礼な気がしてしまう。

関係ないですが、ステージ・ミュージカルの映画化がお好きならば『ドリームガールズ』お薦めです。2枚組の限定版CDも買ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.19

アメリカ映画編集者賞

2006年度(第57回)アメリカ映画編集者(ACE)賞
候補指名は2007年1月12日、授賞発表は2007年2月18日。

◆コメディ or ミュージカル部門 ★ドリームガールズ(by Virginia Katz)
 ○
プラダを着た悪魔(by Mark Livolsi)
 ○
リトル・ミス・サンシャイン(by Pamela Martin)
 ○
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(by Craig Wood & Stephen Rivkin)
 ○
サンキュー・スモーキング(by Dana Glauberman)

◆ドラマ部門(同点) ★バベル(by Stephen Mirrione & Douglas Crise)
◆ドラマ部門(同点) ★
ディパーテッド(by Thelma Schoonmaker)
 ○
007/カジノ・ロワイヤル(by Stuart Baird)
 ○
クィーン(by Lucia Zuccheti)
 ○
ユナイテッド93(by Clare Douglas & Christopher Rouse & Richard Pearson)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ撮影者協会賞

2006年度(第21回)アメリカ撮影者協会(ASC)賞
候補指名は2007年1月11日、授賞発表は2007年2月18日。

トゥモロー・ワールド(by エマニュエル・ルベツキ
 ○幻影師アイゼンハイム
(by ディック・ポープ
 ○グッド・シェパード
(by ロバート・リチャードソン
 ○
アポカリプト(by ディーン・セムラー
 ○
ブラック・ダリア(by ヴィルモス・ジグモンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.18

美術監督組合賞

2006年度(第11回)美術監督組合(ADG)賞
候補指名は2007年1月18日、授賞発表は2007年2月17日。

◆Period Film(時代もの) ★王妃の紋章 (by フォ・ティンシャオ)
 ○
ドリームガールズ(by ジョン・マイヤー)
 ○
父親たちの星条旗(by ヘンリー・バムステッド)
 ○グッド・シェパード
(by ジェニーン・オッペウォール)
 ○
プレステージ(by ネイサン・クロウリー)

◆Fantasy Film(ファンタジー) ★パンズ・ラビリンス(by エウヘニオ・カバイェーロ)
 ○
トゥモロー・ワールド(by ジェフリー・カークランド)
 ○
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(by リック・ハインリクス)
 ○
スーパーマン リターンズ(by ガイ・ヘンドリックス・ディアス)
 ○
V フォー・ヴェンデッタ(by オーウェン・パターソン)

◆Contemporary Film(現代もの) ★007/カジノ・ロワイヤル(by ピーター・ラモント)
 ○
バベル(by ブリジット・ブロシュ)
 ○
ダ・ヴィンチ・コード(by アラン・キャメロン)
 ○
ディパーテッド(by クリスティ・ズィー)
 ○
クィーン(by アラン・マクドナルド)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.12

全米脚本家組合賞

2006年度(第59回)全米脚本家組合(WGA)賞
候補指名は2007年1月11日、授賞発表は2007年2月11日。

◆オリジナル脚本賞 ★リトル・ミス・サンシャイン(Written by Michael Arndt
 ○
バベル(Written by Guillermo Arriaga
 ○
クィーン(Written by Peter Morgan
 ○
主人公は僕だった(Written by Zach Helm
 ○
ユナイテッド93(Written by Paul Greengrass

◆脚色賞 ★ディパーテッド(Screenplay by William Monahan / 映画『インファナル・アフェア』に基づく / Written by Alan Mak & Felix Chong
 ○ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
(Screenplay by Sacha Baron Cohen & Anthony Hines & Peter Baynham & Dan Mazer / Story by Sacha Baron Cohen & Peter Baynham & Anthony Hines & Todd Phillips / Based on a Character Created by Sacha Baron Cohen
 ○
プラダを着た悪魔(Screenplay by Aline Brosh McKenna / Based on the Novel by Lauren Weisberger
 ○リトル・チルドレン
(Screenplay by Todd Field & Tom Perrotta / Based on the Novel by Tom Perrotta
 ○
サンキュー・スモーキング(Screenplay by Jason Reitman / Based on the Novel by Christopher Buckley

◆ローレル賞 Robert Benton

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

全米監督組合賞

2006年度(第59回)全米監督組合(DGA)賞
候補指名は2007年1月9日、授賞発表は2007年2月3日。

◆劇場用映画部門 ★マーティン・スコセージ(『ディパーテッド』) 候補7度目/初の受賞/2002年度には既に名誉賞
 ○
ビル・コンドン(『ドリームガールズ』) 初の候補
 ○
ジョナサン・デイトンヴァレリー・ファリス(『リトル・ミス・サンシャイン』) 両者とも、劇場用長篇監督第1作、初の候補
 ○
スティーヴン・フリアーズ(『クィーン』) 初の候補
 ○
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(『バベル』) 初の候補

名誉賞(Lifetime Achievement) 授賞なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »