« 全米監督組合賞 | トップページ | 美術監督組合賞 »

2007.02.12

全米脚本家組合賞

2006年度(第59回)全米脚本家組合(WGA)賞
候補指名は2007年1月11日、授賞発表は2007年2月11日。

◆オリジナル脚本賞 ★リトル・ミス・サンシャイン(Written by Michael Arndt
 ○
バベル(Written by Guillermo Arriaga
 ○
クィーン(Written by Peter Morgan
 ○
主人公は僕だった(Written by Zach Helm
 ○
ユナイテッド93(Written by Paul Greengrass

◆脚色賞 ★ディパーテッド(Screenplay by William Monahan / 映画『インファナル・アフェア』に基づく / Written by Alan Mak & Felix Chong
 ○ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
(Screenplay by Sacha Baron Cohen & Anthony Hines & Peter Baynham & Dan Mazer / Story by Sacha Baron Cohen & Peter Baynham & Anthony Hines & Todd Phillips / Based on a Character Created by Sacha Baron Cohen
 ○
プラダを着た悪魔(Screenplay by Aline Brosh McKenna / Based on the Novel by Lauren Weisberger
 ○リトル・チルドレン
(Screenplay by Todd Field & Tom Perrotta / Based on the Novel by Tom Perrotta
 ○
サンキュー・スモーキング(Screenplay by Jason Reitman / Based on the Novel by Christopher Buckley

◆ローレル賞 Robert Benton

|

« 全米監督組合賞 | トップページ | 美術監督組合賞 »

「★映画賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/13450085

この記事へのトラックバック一覧です: 全米脚本家組合賞:

« 全米監督組合賞 | トップページ | 美術監督組合賞 »