« チャットモンチーの曲が流れるCM | トップページ | 松本人志キャンペーン »

2007.04.11

これから嫌われていきそうな女芸能人、嫌われると面白そうな(爆)女芸能人

たとえば一時期の裕木奈江のように、はっきり文章化できない理由(*1)で、同性から激しく嫌われるタレント(役者を含む)というのがいる。

*1 連続TVドラマ「ポケベルが鳴らなくて」(1993年)で演じた、中年男と“不倫”する役のイメージが強すぎて、そのために嫌われた、というのは後付けの理由でしかない。
なぜ彼女が嫌われるのかが生理的に分からないヤツ(たいてい♂で、しかも裕木に好意を持っていたりするタイプ)がひねり出した説というか。

同時代に生きていた者として、これだけははっきり言っておかねば、死んでも死にきれない。そういう強い覚悟のもとで、この文は書き込まれています(うそ)。

女が嫌う女芸能人と同じ感覚で、たぶん男が嫌う男芸能人というのもいるのだろうが、こっちはあまり話題になることがない。せいぜい出川哲朗くんや江頭2:50氏といったラインの名前しか出ないのは、そもそも男(ゲイ以外の男は、ということか(^^;))は、同性のいわゆる二の線(二枚目・ハンサム(今で言うイケメン~吐きそうな表現だが)なヤツ)の芸能人を激しく嫌わないからなのかなあ。例外は、ある時期の羽賀研二さんくらいか。あれは、いちおう正当(?)な理由もあったし。

ということで、ちょっと脱線したけれど、少し前のさとう珠緒のような、意図的なマイナス効果を狙ったプロモーション(実際にタレントとしての注目度がアップしただろー(^^))ではない、本当に嫌われるタレントって、今で言うと誰なんだろう。
いま嫌われているかどうかはともかくとして、今後嫌われそうなタレント、嫌われると面白い(泣)タレントを、ここで考えてみたい。いい年をしたヤツの書くことでもないですが。

え~。いま候補者としてちょっと気になるのは、小西真奈美宮崎あおい蒼井優、あたりだろうか。(小西は、ヴァラエティ番組(ココリコミラクルタイプ)でコントをやっていたりするため、まだしも救われている面が大きいと思われる)

他に、CMなどの露出が少なめで激しく嫌われる時期を逸してしまった(爆)池脇千鶴、惜しいことをしました。酒井美紀さん、薄く長~い地味めな活動が、その嫌な感じをさらに増強させていて、Good!(誉めてないか(^^;))

ねんのために書いておくと、だから、青田典子(バブル青田)や杉田かおるのような存在をここに入れるのは、無し。(もし嫌うとしても)嫌われる意味が違うんで。もちろん、このお二人、僕は嫌いなんかじゃないですが。イタい、っていうのはある(泣)。

考察なしの結論。宮崎あおいが、現在のウンザリ女優No.1。

余計なお世話だけど、少なくともCMの仕事は、やめておいたほうが良いんじゃないかな。映画だけなら、まあ、嫌なひとは見ないわけだしね(^^)。

----------------
そうそう、書き忘れていた「嫌われると面白い(^^;)タレント」ですが、これはもう、YOUさんのことです。

仕事への姿勢、タレントとしてのイメージ、今のところ私生活でどんなことをしても人気が揺るがない、具体的に数字の残るような(自分がメインの)仕事を(意図的に)しない。こういう盤石な土台が、いつか何かのきっかけで崩れることがあるんじゃないか。

僕は、YOUのことをタレントとしてけっこう好きなのに、それでも、その何かのきっかけを、ちょっと待ち望んでいたりもする(^^;)。これってやっぱり“意地悪”って言うんですかねー。根性悪(わる)、とか(笑)。

|

« チャットモンチーの曲が流れるCM | トップページ | 松本人志キャンペーン »

「☆ぶつぶつ」カテゴリの記事

「芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/14647006

この記事へのトラックバック一覧です: これから嫌われていきそうな女芸能人、嫌われると面白そうな(爆)女芸能人:

« チャットモンチーの曲が流れるCM | トップページ | 松本人志キャンペーン »