« アメリカ映画編集者賞 | トップページ | 映画館に行くということ »

2008.02.25

アカデミー賞

2007年度(第80回)アカデミー賞
主要部門のノミネイションと結果一覧

候補指名は2008年1月22日、授賞発表は2008年2月24日午後5時(現地時間)より


◆作品賞 ★
ノーカントリー(=Miramax / Paramount Vantage)
 ○つぐない(=Focus) 
監督:ジョー・ライト
 ○JUNO ジュノ(=Fox Searchlight)
 ○フィクサー(=WB)
 ○ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(=Paramount Vantage / Miramax)

◆監督賞 ★ジョエル・コーエンイーサン・コーエンノーカントリージョエルは2度目、イーサンは初の候補/初の受賞
 ○ポール・トーマス・アンダーソンゼア・ウィル・ビー・ブラッド
初の候補
 ○トニー・ギルロイフィクサー初の候補 ※第1回監督作品
 ○ジェイソン・ライトマンJUNO ジュノ
初の候補
 ○ジュリアン・シュナーベル潜水服は蝶の夢を見る
初の候補

◆主演女優賞 ★マリオン・コティヤールエディット・ピアフ 愛の讃歌初の候補/初の受賞
 ○ケイト・ブランシェットエリザベス:ゴールデン・エイジ
2度目の候補 + 助演では候補3度で受賞1回
 ○ジュリー・クリスティアウェイ・フロム・ハー/君を想う
4度目の候補/受賞1回
 ○ローラ・リニーマイ・ライフ、マイ・ファミリー2度目の候補 + 助演でも候補1度
 ○エレン・ペイジJUNO ジュノ
初の候補

◆主演男優賞 ★ダニエル・デイ=ルイスゼア・ウィル・ビー・ブラッド4度目の候補/受賞2度目
 ○ジョージ・クルーニーフィクサー
初の候補 + 助演では候補1度で受賞1回
 ○ジョニー・デップスウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師3度目の候補
 ○トミー・リー・ジョーンズ告発のとき
初の候補 + 助演では候補2度で受賞1回
 ○ヴィゴ・モーテンセンイースタン・プロミス
初の候補

◆助演女優賞 ★ティルダ・スウィントンフィクサー初の候補/初の受賞
 ○ケイト・ブランシェットアイム・ノット・ゼア
3度目の候補/受賞1回 + 主演でも候補2度
 ○ルビー・ディーアメリカン・ギャングスター
初の候補 (*1)
 ○シアーシャ・ローナンつぐない
初の候補
 ○エイミー・ライアンゴーン・ベイビー・ゴーン
初の候補

*1 83歳2か月での候補指名は、歴代2位の年長記録だと思われる(今までの2位は、ジェシカ・タンディ、1991年度「フライド・グリーン・トマト」で助演女優賞候補、当時82歳8か月)。最年長は、1997年度の「タイタニック」でグロリア・スチュアートが助演女優賞候補にノミネイトされた際の、87歳7か月。

◆助演男優賞 ★ハビエル・バルデムノーカントリー初の候補/初の受賞 + 主演でも候補1度
 ○ケイシー・アフレックジェシー・ジェームズの暗殺
初の候補
 ○フィリップ・シーモア・ホフマンチャーリー・ウィルソンズ・ウォー初の候補 + 主演では候補1度で受賞1回
 ○ハル・ホルブルックイントゥ・ザ・ワイルド
初の候補 (*2)
 ○トム・ウィルキンソンフィクサー
初の候補 + 主演でも候補1度

*2 82歳11か月での候補指名は、男優としての最年長記録だと思われる(どこでも言及されていないことなので、正しいのかどうかビクビクものです(^^;))。これまでの記録は、ラルフ・リチャードソンが1984年度に「グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説」で助演男優賞候補に指名されたときの82歳1か月⇒実際には、80歳9か月でリチャードソンは亡くなっていた(ノミネイトは死後)。

◆オリジナル脚本賞 ★JUNO ジュノ(by ディアブロ・コディ
 ○ラースと、その彼女(by ナンシー・オリヴァー
 ○フィクサー(by トニー・ギルロイ
 ○レミーのおいしいレストラン(Screenplay by ブラッド・バード; Story by ヤン・ピンカヴァ & Jim Capobianco & ブラッド・バード
 ○マイ・ライフ、マイ・ファミリー(by タマラ・ジェンキンス

◆脚色賞 ★ノーカントリー(by ジョエル・コーエンイーサン・コーエン, based on the novel by Cormac McCarthy. 「血と暴力の国」)
 ○
つぐない(by クリストファー・ハンプトン, based on the novel by Ian McEwan. 「贖罪
 ○
アウェイ・フロム・ハー/君を想う(by サラ・ポーリー, based on the short story by Alice Munro. 短篇集「イラクサ」所収の「クマが山を越えてきた」
 ○潜水服は蝶の夢を見る(by ロナルド・ハーウッド, based on the book by Jean-Dominique Bauby. 「潜水服は蝶の夢を見る」)
 ○ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(by ポール・トーマス・アンダーソン, based on the novel by Upton Sinclair. 「石油!」)

◆撮影賞 ★ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(by ロバート・エルスウィット
 ○ジェシー・ジェームズの暗殺(by ロジャー・ディーキンス
 ○つぐない(by シーマス・マッガーヴェイ
 ○潜水服は蝶の夢を見る(by ヤヌス・カミンスキー
 ○ノーカントリー(by ロジャー・ディーキンス

◆美術装置賞 ★スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師(Art: ダンテ・フェレッティ, Set: Francesca Lo Schiavo
 ○アメリカン・ギャングスター(Art Direction: アーサー・マックス, Set Decoration: Beth A.Rubino
 ○つぐない(Art: サラ・グリーンウッド, Set: Katie Spencer
 ○ライラの冒険/黄金の羅針盤(Art: デニス・ガスナー, Set: Anna Pinnock
 ○ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(Art: ジャック・フィスク, Set: Jim Erickson

◆編集賞 ★ボーン・アルティメイタム(by クリストファー・ラウズ
 ○潜水服は蝶の夢を見る(by ジュリエット・ウェルフラン
 ○イントゥ・ザ・ワイルド(by ジェイ・キャシディ
 ○ノーカントリー(by Roderick Jaynes ⇒ ジョエル・コーエン
イーサン・コーエンの変名
 ○ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(by ディラン・ティチェナー

◆衣装デザイン賞 ★エリザベス:ゴールデン・エイジ(by アレクサンドラ・バーン
 ○アクロス・ザ・ユニバース(by アルバート・ウォルスキー
 ○つぐない(by ジャクリーン・デュラン
 ○スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師(by コリーン・アトウッド
 ○エディット・ピアフ 愛の讃歌(by マリット・アレン) 
※2007年11月26日に死去した

◆メーキャップ賞 ★エディット・ピアフ 愛の讃歌(by Didier Lavergne & Jan Archibald
 ○マッド・ファット・ワイフ(by リック・ベイカー辻一弘Kazuhiro Tsuji))
 ○パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(by Ve Neill & Martin Samuel

◆音響賞 ★ボーン・アルティメイタム(by Scott Millan & David Parker & Kirk Francis
 ○ノーカントリー(by Skip Lievsay & Craig Berkey & Greg Orloff & Peter Kurland
 ○レミーのおいしいレストラン(by Randy Thom & Michael Semanick & Doc Kane
 ○3時10分、決断のとき(by Paul Massey & David Giammarco & Jim Stuebe
 ○トランスフォーマー(by Kevin O'Connell & Greg P.Russell & Peter J.Devlin

◆オリジナル・スコア賞 ★つぐない(by ダリオ・マリアネッリ
 ○君のためなら千回でも(by アルベルト・イグレシアス
 ○フィクサー(by ジェームズ・ニュートン・ハワード
 ○レミーのおいしいレストラン(by マイケル・ジアッキノ
 ○3時10分、決断のとき(by マルコ・ベルトラミ

◆オリジナル・ソング賞 ★Falling Slowly ~『ONCE ダブリンの街角で』(M & L by グレン・ハンサードマルケタ・イルグロヴァ
 ○“Raise It Up” ~『奇跡のシンフォニー
(Music & Lyric by ジャマル・ジョセフ & Charles Mack & Tevin Thomas)
 ○“Happy Working Song” ~『魔法にかけられて
』(M: アラン・メンケン, L: スティーヴン・シュワルツ
 ○“So Close” ~『魔法にかけられて
』(M: アラン・メンケン, L: スティーヴン・シュワルツ
 ○“That's How You Know” ~『魔法にかけられて
』(M: アラン・メンケン, L: スティーヴン・シュワルツ

◆視覚効果賞 ★ライラの冒険/黄金の羅針盤(by Michael Fink & Bill Westenhofer & Ben Morris & Trevor Wood
 ○パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(by ジョン・ノール & Hal Hickel & Charles Gibson & John Frazier
 ○トランスフォーマー(by Scott Farrar & Scott Benza & Russell Earl & John Frazier

◆音響効果賞 ★ボーン・アルティメイタム(by Karen Baker Landers & Per Hallberg
 ○ノーカントリー(by Skip Lievsay
 ○レミーのおいしいレストラン(by Randy Thom & Michael Silvers
 ○ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(by Matthew Wood
 ○トランスフォーマー(by Ethan Van der Ryn & Mike Hopkins

◆長篇アニメイション賞 ★レミーのおいしいレストラン(=Buena Vista) 監督:ブラッド・バード
 ○ペルセポリス(=Sony Classics) 
監督:ヴァンサン・パロノーマルジャン・サトラピ
 ○サーフズ・アップ(=Sony) 監督:アッシュ・ブラノンクリス・バック

◆外国語映画賞 ★ヒトラーの贋札 監督:ステファン・ルツォヴィツキー。ドイツ語。オーストリアからの選出作品としては2本目/初の受賞
 ○ボーフォート/レバノンからの撤退 監督:ヨセフ・シダー。ヘブライ語。イスラエルからの選出作品としては7本目/受賞歴なし
 ○カティンの森 監督:アンジェイ・ワイダ。ポーランド語。ポーランドからの選出作品としては8本目/受賞歴なし
 ○モンゴル 
監督:セルゲイ・ボドロフ。モンゴル語。カザフスタンからの選出は初めてである
 ○12人の怒れる男 
監督:ニキータ・ミハルコフ。ロシア語。ロシア(旧ソビエト連邦を含むからの選出作品としては14本目/受賞4回

◆長篇ドキュメンタリー賞 ★「闇」へ(=THINK) 監督:アレックス・ギブニー
 ○No End in Sight(=Magnolia) 
監督:チャールズ・ファーガソン
 ○Operation Homecoming: Writing the Wartime Experience(=Documentary Group) 
監督:Richard Robbins
 ○シッコ(=Lionsgate / Weinstein) 
監督:マイケル・ムーア
 ○ウォー・ダンス 響け僕らの鼓動(=THINK) 監督:ショーン・ファイン & アンドレア・ニックス・ファイン

◆名誉賞 ★ロバート・F・ボイル 【美術監督】

-------------------
複数授賞一覧

4部門
ノーカントリー』(=Miramax / Paramount Vantage)

3部門
ボーン・アルティメイタム
』(=Universal)

2部門
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
』(=Paramount Vantage / Miramax)
エディット・ピアフ 愛の讃歌
』(=Picturehouse)

-------------------
3部門以上の複数ノミネイト一覧

8部門
ノーカントリー』(=Miramax / Paramount Vantage)
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(=Paramount Vantage / Miramax)

7部門
つぐない』(=Focus)
フィクサー』(=WB)

5部門
レミーのおいしいレストラン』(=Buena Vista)

4部門
潜水服は蝶の夢を見る』(=Miramax / Pathé Renn)
JUNO ジュノ』(=Fox Searchlight)

3部門
ボーン・アルティメイタム』(=Universal)
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』(=DreamWorks / Paramount)
トランスフォーマー』(=DreamWorks / Paramount)
エディット・ピアフ 愛の讃歌』(=Picturehouse)

魔法にかけられて』は1部門で3個のノミネートなので、ここには含めない

-------------------
授賞式の司会は、
ジョン・スチュワートの予定。

|

« アメリカ映画編集者賞 | トップページ | 映画館に行くということ »

「★映画賞」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
って、もう2月だけど
1つ1つリンクが張られているのですね。
すごい!!

未公開作品ばかりですな

投稿: 犬尾千聰 | 2008.01.29 20:26

リンク入りで作っておくと、自分で使うとき役に立つんで(笑)。

まあ、探せば同じような一覧は、今はどこにでもあるんでアレ(?)なんですが、並べかたや表記の(自分勝手な)約束事などの好みもあって、やっぱり自分で使うには、自分で作るのが一番(^^)。

日本で公開されている作品は、まだ少ないけど、ほとんどが邦題も決まっている段階なので、今年中には見られるようになると思いますよ。中の1~2本くらいは、ビデオスルーになるかもしれないけど。“The Savages”や“3:10 to Yuma”“August Rush”あたりは、その可能性大。

投稿: 氷室浩次 | 2008.01.30 04:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/17788018

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞:

« アメリカ映画編集者賞 | トップページ | 映画館に行くということ »