« 続報★こんにゃくゼリー | トップページ | ナショナル・ボード・オブ・レヴュー »

2008.11.29

菅井きん「ギネス記録認定」は誤りである

ひと月も前の話題だが、どうしても(笑)書いておかなくてはならない。

菅井きんという女優さんが、82歳で初めて、映画に主演した。そのことをギネスに申請したら、記録として認定されたのだとか。…??? 主演が「初めて」の女優としては最高齢、ということなのだろうか。それなら、間違いではないのかもしれないが。

ギネスがどういう名目で認定したのかは、正確に報道されていないので僕にも分からない。【⇒後半に追記あり】 というのは、各種報道が、ほとんど「世界最高齢映画主演女優」記録に認定されたという、内容に誤りを含んだものであるため、信憑性を疑わざるを得ないわけだ。

映画に「初めて」主演した女優の中で最高齢、という内容から「初めて」を落としてしまうと、それはただの間違い記事でしかなくなってしまう。

ちょっとでも芸能に関心があれば、82歳よりも年長で映画に(初めてではないが)主演したひとは何人か挙げられるだろう。たとえばリリアン・ギッシュ。たとえば杉村春子

どうして、ああいういい加減な記事が出てきてしまうのか。もしかして、記者発表の段階で、発表側の人間が物を知らない輩だったのかもしれないが、発表が不正確なものであれ、最終的には記事を書く側の「常識」で、何とか防げるはずだと思うのだが。

菅井氏がゲストとして招かれた「徹子の部屋」をチェックしたら(氷室は執念深いのである(爆))ギネス認定の英文がちゃんと出てきました。

Kin Sugai played a leading role at the age of 82 in the film My Grandma (Japan 2008)

「認定された」という報道の内容は正しくて、申請した内容そのものが間違いなわけですね。

ギネスなんて、別に公的な機関ではないわけだし、だからこういう「言った者勝ち」のインチキがまかり通るのだろう。

映画の宣伝のため、こういう話題をでっち上げておいて、間違った事実を流布させる。恥ずかしくは…ないんだろうな、きっとそういう人間は。

菅井さん、嫌いな役者さんではなかったほうなのに、こういうことがあると、ちょっと嫌な記憶も残ってしまう。本人のせいではないんだろうけど。

|

« 続報★こんにゃくゼリー | トップページ | ナショナル・ボード・オブ・レヴュー »

「☆ぶつぶつ」カテゴリの記事

「映画雑記」カテゴリの記事

「芸能」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/43258740

この記事へのトラックバック一覧です: 菅井きん「ギネス記録認定」は誤りである:

« 続報★こんにゃくゼリー | トップページ | ナショナル・ボード・オブ・レヴュー »