« 全米監督組合賞 | トップページ | 美術監督組合賞 »

2009.02.08

全米脚本家組合賞

2008年度(第61回)全米脚本家組合(WGA)賞
候補指名は2009年1月7日、授賞発表は2009年2月7日。

◆オリジナル脚本賞 ★ミルク(Written by Dustin Lance Black
 ○バーン・アフター・リーディング
(Written by Joel Coen & Ethan Coen
 ○それでも恋するバルセロナ
(Written by Woody Allen
 ○扉をたたく人
(Written by Tom McCarthy
 ○レスラー
(Written by Robert Siegel

◆脚色賞 ★スラムドッグ$ミリオネア(Screenplay by Simon Beaufoy, Based on the Novel "Q & A" by Vikas Swarup
 ○ベンジャミン・バトン 数奇な人生
(Screenplay by Eric Roth; Screen Story by Eric Roth & Robin Swicord, Based on the Short Story by F.Scott Fitzgerald
 ○ダークナイト
(Screenplay by Jonathan Nolan & Christopher Nolan; Story by Christopher Nolan & David S.Goyer, Based on Characters Appearing in Comic Books Published by DC Comics; Batman Created by Bob Kane
 ○ダウト -あるカトリック学校で-(Screenplay by John Patrick Shanley, Based on his Stage Play
 ○フロスト×ニクソン
(Screenplay by Peter Morgan, Based on his Stage Play

◆ジャン・ルノワール賞ローレル賞の後継的な名誉賞) スーゾ・チェッキ・ダミーコ

|

« 全米監督組合賞 | トップページ | 美術監督組合賞 »

「★映画賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/47244435

この記事へのトラックバック一覧です: 全米脚本家組合賞:

« 全米監督組合賞 | トップページ | 美術監督組合賞 »