« 【速報】2012年度アカデミー賞 | トップページ

2013.02.25

アカデミー賞 所感(爆)+追記

監督賞候補から外れた監督の作品が「作品賞」って、過去にあっただろうか、とか、(作品賞の監督と、監督賞の受賞者とが一致しないこと自体、それほどは、ないことなので)

アン・リーは、作品賞は(まだ)取れていないのに、監督賞は2度目になるなあ、とか、(こういうのって「(監督賞は取ったのに)アカデミー作品賞は取れなかった監督」とか言うんですかねえ)

ダニエル・デイ=ルイスの「主演男優賞が3度目」って、記録だっけ、とか、(スペンサー・トレイシーが「2度」ですよね)

作品賞を取れなかった作品が最多受賞(4部門の『ライフ・オブ・パイ』)というのは、過去にも、たとえば『キャバレー』(作品賞は『ゴッドファーザー』)がそうだったよな、とか、

ざっと見ただけで、いろいろと問題(笑)があるわけですが、



そんなことを凌駕(?)するような珍記録が。

音響効果 (sound editing) 賞で『007 スカイフォール』と『ゼロ・ダーク・サーティ』とが同時受賞

えー? 今の規約が正確にどうなっているのかは知らないけど(調べれば、どこかに載っているでしょう)、過去に、キャサリン・ヘプバーンとバーブラ・ストライサンドとが主演女優賞を分け合った頃とは違い(この時の規約は、差が3票以内なら同点と扱うというものだったのだとか)、今では、たしか「完全に同点」ではないと、こういうことは起こらないはず。

へええええ。

“ここ”にいちばん心が躍るひとは、自分も含めて、ちょっとアレかもwink

えー、↑は、記憶ばかりで書いたため、細かい間違いがいっぱい(^^;)。

まず、監督賞候補から外れた監督の「作品賞」受賞は、アカデミー賞の最初期を除けば、1989年の『ドライビング Miss デイジー』だけじゃないでしょうか。見落としがあるかもしれませんが。

ただし、監督賞候補だけではなく、DGA(監督協会賞)の最終5候補からも外れていた監督(ブルース・ベレスフォード)の作品を選出したことと、今回のように、DGAのほうで授賞された監督(ベン・アフレック)を最終5候補から外し、結果的にその作品が作品賞を受賞というものの、どちらが、より問題なのかは、どうでしょう(笑)。個人的には『アルゴ』がどうにも丸呑み(=手放しで絶賛)しにくい作品のため、どうでもいい、という感想なんですが。



演技部門の複数回受賞ですが、主演男優賞の「2回」って多いんですねえ。ざっと数えただけで(例によって、見落としがあればごめんなさい)、マーロン・ブランド、ゲーリー・クーパー、トム・ハンクス、ダスティン・ホフマン、フレドリック・マーチ、ジャック・ニコルソン(助演でも1回受賞しているので通算3回)、ショーン・ペン、スペンサー・トレイシー、この面々が主演男優賞を2回受けています。(ブランドは2度目を拒否したけれど、まあ、それはそれとして(^^))

今回の、ダニエル・デイ=ルイスの主演男優賞3回目というのは、やはり記録。いつだったか引退すると言っていたのは、あれはどうなったんでしょうか(^^;)。

ちなみに、助演男優賞を3回というのは、ウォルター・ブレナンが持つ記録。

女優では、もちろんキャサリン・ヘプバーンの、主演女優賞4回という超絶なものがあります。



そうそう、ヘプバーンで思い出しましたが、同点受賞の件。

1968年の、キャサリン・ヘプバーンとバーブラ・ストライサンドとの同時受賞(主演女優賞)の頃には、既に「完全な同点でない限りはタイではない」という規約(こんな表現ではないでしょうが)だったんでした。だからこそ驚きがあったわけで。

過去(またも最初期)には「3票以内は同点」という規約があったらしいんですが。

いや、とにかく、今回の同時(同点)受賞も、やっぱりびっくりしますよね。う~ん。

|

« 【速報】2012年度アカデミー賞 | トップページ

「★映画賞」カテゴリの記事

「映画雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79349/56838598

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞 所感(爆)+追記:

« 【速報】2012年度アカデミー賞 | トップページ