カテゴリー「パソコン・インターネット」の3件の記事

2008.10.05

ウィキペディア

いろいろと問題点も含んでいるわけだが、それでもウィキペディアは便利なものだ。

もちろん、いろんな項目について、それぞれオフィシャルなサイトが完備しているなら、誰が書いたのか分からないページなどは必要ないわけだが、何か調べようとウェブ上を検索したことのあるひとなら、すぐにウィキペディアの必要性は分かるはずだろうと思う。

もちろん、僕の書くのは、ほとんどがリスト的な内容。解説はともかく、自身の解釈を定説であるかのように書きたがるひとの気持ちは分からないでもないけど、やっぱりそれは、当たり前だが不適当だろう。

なるべく、誰かの書いたそういう独りよがりの解説部分は見ないようにして(笑)、作品リストなどを細々と作っております。

ウィキペディアの検索で、項目「利用者」にチェックを入れ「氷室浩次」を調べてみると、どんな項目を書いているのか、分かると思います(^^)。

続きを読む "ウィキペディア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.12

PC初心者

身近の者(60代後半)が、まったく白紙の状態から、PCを始めようかどうしようかと迷っているのだ。PC本体を買って、通信教育のPC講座で学ぶのが良いか。それとも、どこかのPC講座に通うほうが良いのか。

PCって、単に使えるだけじゃ駄目で、メンテもかなりの部分は自分でやらないといけないだろう。スキャンディスクとかデフラグとか、もちろん、うぃるす駆除ソフトを働かせているだけではなく、最低でも週に1度はそのソフトでシステム全体のスキャンをしたりとか(僕はもっと頻繁にチェックしていますが)。

よく考えたら、皆が皆、そんな面倒なことをやっているのだろうか。放ったらかしのひとも多いのかなあ。でも、ネットとつなげないと、PCはただの高価な箱だし、ネットとつなげた途端、きちんとケアしていないPCは、周囲に害をなす凶器にもなるからなあ。ケアをしていないと、そのPCが壊れるっていう可能性のほうがもちろん高いか。

いまのPC(Windows xp)だったら、うぃるすソフトを働かせておけば、あとは何もしなくても大丈夫なのかなあ。ひとごとながら、どう助言したら良いのか、分からない(笑)。

だいたい、PCって、使ってみるまではいまひとつ良く分からないモノではあるんだよね。どこのメーカーの製品であるかということが、それほどは操作上の問題にならないこんな高価な商品って、少なくとも家電にはあまり見あたらないと思う。やっぱりPCは家電じゃないんだよなあ。基本OS(もちろん相手にこんな単語は使いませんが)さえ使えるようになれば、PC入門って、8割くらいは完了したようなものだろう。手紙を書いたり家計簿をつけたりデジカメの画像を取り込んで加工したりするのは、どれもそのソフト自体の話だからなあ。

Windows入門みたいな講座があれば、それが一番だよね。あるのか、たぶん。基本が出来れば、あとは、別にPC本体なんて買わなくても、ネットカフェやマンガ喫茶などでPCを使えば良いんで。ネットを覗くだけなら。でも、若いヤツならともかく、年配のひとにはこういうやりかたは向かないのかなあ。やっぱり本体(最低でも10万前後はするだろ)を買わないと駄目か? でも、買ってみて結局は使えなかったら、あとあと、自分自身に対してすご〜く嫌な気分になると思うんだけど(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

ホームページ・ビルダー

@niftyの「サクサク作成君」では好みの設定が出来ないようなので、セール中だったIBMの「ホームページ・ビルダー version9」(SOURCENEXT Selection版)を、Amazonで買う。インプレスのガイドブック付きで7000円弱だったので、けっこう安い。

いちおうガイドブックを通して読んだあとで、4月のはじめくらいにはビルダー版のページにしたいなあ。別にそんなにグラフィック華やか(?)なものにするつもりはないんだけど、とにかく、文中に簡単なタグさえ使えないのが困るのだ、作成君。(もしかしたらオレがやりかたを知らないだけで、作成君でも使えるのだったりして(^^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)